リサイクルトナーとは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プリンタ本体を製造、販売している会社は、ビジネスモデルを大きく変化させ、コピー機を販売することによって利益をあげるのではなく、コピー機を使う時に必要となるインクを販売することで利益をあげるという方向に舵を切りました。そのため、コピー機を導入・リースしている企業のなかでもその維持費が非常に苦しいというところも多いことでしょう。しかし、インクがなければコピーも印刷もできないため、必要不可欠な存在ということには変わりはありません。そこで、少しでもコストを抑えるためにリサイクルトナーを導入している企業も多いです。

さて、リサイクルトナーとはどのようなものなのでしょうか。リサイクルトナーとは、純正トナーが入れられているカートリッジを回収、その後洗浄や修理をした上で、新たにインクを詰め込んで売られているトナーカートリッジになります。カートリッジの仕様は純正のものをリサイクルして使用しているため全く同じで、違うのは中に入っているインクだけです。箱は同じで中身だけ違う、という認識で良いでしょう。インクの品質については、純正のものからほとんど大差なく、よっぽどの質を求めていなければ、落ちたと感じることはないでしょう。リサイクルトナーの値段は格安という言葉が打って付けで、半額程度の値段で購入することが可能です。

参考リンク・・・リサイクルトナー通販ショップ:トナプロ

Published by admin