注意点と保証制度について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

それでは最後に、リサイクルトナーを使用する際の注意点と保証制度について触れていきましょう。リサイクルトナーの注意点としては、純正に比べるとエラー率が若干上がってしまうということです。純正のトナーカートリッジの場合は1%から2%程度の割合で不具合が発生しますが、これに対してリサイクルトナーは2%から3%の不具合率になります。逆に言えば、純正でもエラー率は1%を切ることはできないため、微々たる数値とも考えられます。ただ、この際に一番のネックになるのは、コピー機の修理費についてです。コピー機メーカーは、純正トナーを使用していて不具合が発生した場合には、コピー機の修理や交換などを保証してくれますが、リサイクルトナーを使用していた場合にはこういった保証が受けられない場合があります。ただし、リサイクルトナー側で保証を設けているところもあります。そちらを選んでみるのも良いでしょう。

また、リサイクルトナーを使用するリスクは高い、と考えている方もいるかもしれませんが、実はそうとも言い切れません。というのも、コピー機の故障がトナーカートリッジに起因することは極めて稀で、他の部品に不具合が出たために故障に至ったというケースがほとんどだからです。インクの費用を抑えるためにも、リサイクルトナーは優秀と言えます。

Published by admin