注意点と保証制度について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

それでは最後に、リサイクルトナーを使用する際の注意点と保証制度について触れていきましょう。リサイクルトナーの注意点としては、純正に比べるとエラー率が若干上がってしまうということです。純正のトナーカートリッジの場合は1%から2%程度の割合で不具合が発生しますが、これに対してリサイクルトナーは2%から3%の不具合率になります。逆に言えば、純正でもエラー率は1%を切ることはできないため、微々たる数値とも考えられます。ただ、この際に一番のネックになるのは、コピー機の修理費についてです。コピー機メーカーは、純正トナーを使用していて不具合が発生した場合には、コピー機の修理や交換などを保証してくれますが、リサイクルトナーを使用していた場合にはこういった保証が受けられない場合があります。ただし、リサイクルトナー側で保証を設けているところもあります。そちらを選んでみるのも良いでしょう。

また、リサイクルトナーを使用するリスクは高い、と考えている方もいるかもしれませんが、実はそうとも言い切れません。というのも、コピー機の故障がトナーカートリッジに起因することは極めて稀で、他の部品に不具合が出たために故障に至ったというケースがほとんどだからです。インクの費用を抑えるためにも、リサイクルトナーは優秀と言えます。

リサイクルトナーとは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プリンタ本体を製造、販売している会社は、ビジネスモデルを大きく変化させ、コピー機を販売することによって利益をあげるのではなく、コピー機を使う時に必要となるインクを販売することで利益をあげるという方向に舵を切りました。そのため、コピー機を導入・リースしている企業のなかでもその維持費が非常に苦しいというところも多いことでしょう。しかし、インクがなければコピーも印刷もできないため、必要不可欠な存在ということには変わりはありません。そこで、少しでもコストを抑えるためにリサイクルトナーを導入している企業も多いです。

さて、リサイクルトナーとはどのようなものなのでしょうか。リサイクルトナーとは、純正トナーが入れられているカートリッジを回収、その後洗浄や修理をした上で、新たにインクを詰め込んで売られているトナーカートリッジになります。カートリッジの仕様は純正のものをリサイクルして使用しているため全く同じで、違うのは中に入っているインクだけです。箱は同じで中身だけ違う、という認識で良いでしょう。インクの品質については、純正のものからほとんど大差なく、よっぽどの質を求めていなければ、落ちたと感じることはないでしょう。リサイクルトナーの値段は格安という言葉が打って付けで、半額程度の値段で購入することが可能です。

参考リンク・・・リサイクルトナー通販ショップ:トナプロ

トナーカートリッジの費用は抑えたい

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コストの見直しは、黒字経営の基本です。利益が上がらないのであれば費用を抑えることで利益率を高くする、赤字の会社と黒字の会社では社員の持つコストへの意識に差があるとも言われています。電気代、人件費、事務用品費など、あらゆるコストを見直し、ムダなコストは省いていく時代に突入しているのです。そこで、事務用品費と言えば、トナーカートリッジの値段をご存知でしょうか。事務所に置いているコピー機のインクの値段は、1万円を超えるのが当たり前です。大型コピー機のトナーカートリッジになると2万円から3万円もの値段に設定されています。それもカートリッジ1つあたりの値段で、インクやトナーは消費するものですので、コピー機を使えば使う程、そのコストはかかってしまいます。仕事で必要不可欠なコピー機、企業としてはこれを切り捨てることはできず、経営者からすると頭を抱えてしまうというものでしょう。そう、トナーカートリッジのコストが少しでも抑えることで事務用品のコストは大きく変わるのです。

トナーカートリッジのためにお金を使いたくない、という方におすすめなのが、「リサイクルトナー」です。リサイクルトナーは純正トナーと比較して値段も非常に安く、半額か業者によってはそれ以下の値段で販売されているという、コストパフォーマンスに優れた代物です。当サイトでは、リサイクルトナーとはどのようなものなのか、そしてリサイクルトナーのメリットとデメリットを紹介していきます。