トナーカートリッジの費用は抑えたい

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コストの見直しは、黒字経営の基本です。利益が上がらないのであれば費用を抑えることで利益率を高くする、赤字の会社と黒字の会社では社員の持つコストへの意識に差があるとも言われています。電気代、人件費、事務用品費など、あらゆるコストを見直し、ムダなコストは省いていく時代に突入しているのです。そこで、事務用品費と言えば、トナーカートリッジの値段をご存知でしょうか。事務所に置いているコピー機のインクの値段は、1万円を超えるのが当たり前です。大型コピー機のトナーカートリッジになると2万円から3万円もの値段に設定されています。それもカートリッジ1つあたりの値段で、インクやトナーは消費するものですので、コピー機を使えば使う程、そのコストはかかってしまいます。仕事で必要不可欠なコピー機、企業としてはこれを切り捨てることはできず、経営者からすると頭を抱えてしまうというものでしょう。そう、トナーカートリッジのコストが少しでも抑えることで事務用品のコストは大きく変わるのです。

トナーカートリッジのためにお金を使いたくない、という方におすすめなのが、「リサイクルトナー」です。リサイクルトナーは純正トナーと比較して値段も非常に安く、半額か業者によってはそれ以下の値段で販売されているという、コストパフォーマンスに優れた代物です。当サイトでは、リサイクルトナーとはどのようなものなのか、そしてリサイクルトナーのメリットとデメリットを紹介していきます。

Published by admin